診療案内

診療案内

ブライダルチェック

ブライダルチェック希望で予約を取ってください。

bridal_pic01
ブライダルチェックとは結婚後早く赤ちゃんが欲しい人や遠くない将来に結婚する人が受ける健康診断です。

ブライダルチェックで子どもができる体なのか、できにくい体質なのか、なども分かります。

 現在では晩婚が多いですから、女性の体は妊娠しにくい場合もあります。

子どものことを考えるなら、ブライダルチェックをしておくことが大切ですよ。

万が一子どもができにくい体だとしたら、結婚相手にはそのことを伝える義務があります。

不妊に悩む前に、きちんとブライダルチェックをしておくと安心もあるし、何か病気があるとしたら早期治療をすることができます。

ブライダルチェックの検査内容

ブライダルチェックは基本的には問診、内診、超音波検査、血液検査、尿検査を行います。

問診

問診では、初潮の年齢、月経周期、最終月経日の開始日と持続日数、妊娠・出産の経験、流産や人工中絶の有無、今までにかかった病気、持病、アレルギーの有無、結婚の予定、夫や近親者の持病、などについて。
さらに生理痛や下腹部の痛み、性交痛、排便時の痛みなどについてお聞きします。

内診

膣や子宮口に異常がないかをチェックします。

また子宮の形や卵巣の異常などについても調べます。また子宮頸がんの検査や性感染症の検査をします。

性感感染症検査ではクラミジアの感染について調べます。クラミジアの感染は卵管炎や子宮外妊娠、流産の原因になることがあるのです。さらにおりもの検査も行います。

超音波検査

子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣腫瘍、子宮頸がん、子宮体がん、子宮や膣の奇形などを調べます。どれも不妊や流産の原因になるものです。

血液検査

貧血の検査や感染症、性感染症などを調べます。また、風疹抗体検査があります。