不妊治療

新着情報News

助成金申請についての注意点

当院が発行する「特定不妊治療受診等証明書」は発行まで2週間ほど要します。当院への証明書発行申請はお早めにお願いします。

 

また、健康福祉センター[保健所]への助成金申請の提出期限は、

・令和3年4月1日から令和4年1月31日に治療が終了した場合

令和4年3月31日

・令和4年2月1日から令和4年3月31日に治療が終了した場合

令和4年5月31日

・治療期間の初日が令和4年3月31日以前で、令和4年4月1日以降に治療が終了した場合

1回に限り助成金を申請することができます

令和5年3月31日

・令和4年3月28日などに採卵を行い、令和4年4月1日以降に移植も凍結もできず治療が終了する方(助成金EまたはF申請)

・令和3年度に採卵を行い、令和4年4月1日以降に胚移植を行う予定の方(助成金AまたはBまたはC申請)

※令和4年度から保険適用となりますが、助成金を申請する場合はすべての治療を自費診療で受ける必要があります

助成金を受けるため令和4年4月1日以降に自費診療を行う方は料金表をご参照いただき、自費診療で助成金を受けた場合の自己負担総額、および助成金を受けないで保険診療を行った場合の自己負担総額をご確認ください。

 

令和4年4月1日以降に融解胚移植(助成金C申請)を行う予定の方について、

・自費の融解胚移植(総額約20万円)+助成金(10万円)

➡自己負担額約10万円・残り保険適用回数は変化なし

・保険の融解胚移植(総額約6万円)

➡自己負担額約6万円・残り保険適用回数が1回分減少

保険適用の移植を行う場合は負担額が低いですが、残りの保険適用回数が1回分減少します。しかし、妻がもうすぐ40歳を迎える場合や43歳を迎える場合では、保険適用の移植を行うことで保険適用の回数上限を確定してしまう方が良いのかもしれません。

保険適用の条件についてはこちらをご参照ください。

続きを読む

ご妊娠された方へ 妊娠・出産アプリ【ベイビー+】のご紹介

ゼクシィBabyさんが提供するwebサービス【ベイビー+】がスマートフォン向けアプリになりました。

 

主な機能として

・日本産科婦人科学会が監修する「Baby+ お医者さんがつくった妊娠・出産の本」の全記事を掲載

・日本産科婦人科学会からのお知らせ

・妊娠週ごとにメッセージを配信

・かかりつけ産科医師からのお知らせ(現在一部地域のみ)

・胎動カウンター/陣痛カウンター

・ママの食べていいものダメなもの

・もらえるお金の手続き・届け出

・アルバム・日記機能

などがあります。

妊娠中は不安な気持ちから、ネットで様々な情報を調べ、誤った情報を鵜呑みにしてしまいがちです。

 【ベイビー+】に掲載されている情報は日本産科婦人科学会監修の正しい情報ですので、ご安心ください。

 

ダウンロードはこちらから

google-play-badge app-store-badge

続きを読む

新患予約のキャンセルについて

新患予約のキャンセルについて

 

現在、新患で予約された患者様に対して予約日の1週間前に確認の連絡を行っております。その連絡の際に予約をキャンセルされる方が最近増えてきています。

直前になってのキャンセルでは他の方の予約をお取りすることが難しく、予約をお断りさせていただいた方々に申し訳ない気持ちになります。やむを得ない事情もあるかとは存じますが、キャンセルのなきようお願い申し上げます。

続きを読む

千葉県でインフルエンザ警報が発令されました

千葉県内でインフルエンザへの感染が拡大してきています。

 

感染予防のため、日常的な手洗い、室内の加湿、十分な栄養と休息、体調管理等をしっかりと行ってください。咳やくしゃみがある場合は必ずマスクを着用し、インフルエンザが疑われる場合は当院や婦人科への受診は避け、内科等の医療機関を受診してください。その際、妊娠の可能性がある方や妊娠中の方は、受診時に必ず妊娠していることを伝えてください。

 

続きを読む

千葉リプロダクション研究会に参加しました。

9月29日(土)に千葉市で開催された、第19回千葉リプロダクション研究会・学術講演会に参加しました。諸先生方による貴重な発表がある中、当院からも「凍結胚移植における移植胚数の検討」と題して、1演題を発表しました。

 

実際の診療では、何度移植しても妊娠できずに、凍結胚もあと2個しか残っていないという場面などでは2個移植を勧めることがあります。今回の発表では、この時の2個移植が実際に良かったのかということに焦点を当て、当院で行った1個移植と2個移植の成績について、年齢別、移植回数別に検討しました。

 

(さらに…)

続きを読む