不妊治療

不妊治療

不妊治療助成制度のご案内

助成金申請される方へ

当院は千葉県特定不妊治療助成事業指定医療機関に登録されています。

現住所地が県外の場合は申請窓口(保健所等)にお問い合わせ下さい。

助成金の申請書及び受診証明書は必ず申請年度の用紙をご用意下さい。
用紙は年度ごとに記入内容が変更される場合があります。

助成金は、治療区分により助成額が異なります。
治療区分、助成額については各保健所にてご確認下さい。

助成金申請後も医療費控除が受けられます。全ての領収書を保管して下さい。
発行された領収書を受診証明書記入の際、確認させていただく場合があります。

居住する市町村などで独自の助成制度を行っている場合があります。
市役所、保健所等でご確認下さい。

助成対象者の要件(千葉市、船橋市、柏市を除く千葉県)

・治療開始時に法律上の婚姻をしている夫婦であること

・申請時点で、夫婦の双方またはいずれか一方が千葉県内に住所を有すること

・特定不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか、または極めて少ないと医師に診断されたこと

・前年(1月~5月の申請にあっては前々年)の夫婦の合計所得が730万円未満であること

・当該年度内(4月1日~3月31日まで)に指定医療機関において特定不妊治療を受けたこと

助成回数

現在制度の改正が行われています。詳しくは県のホームページで確認して下さい。

院長から一言アドバイス

この助成を受ける場合当院から発行する領収書の添付が必要です。

この領収書は確認が終わると返してくれますので、今度はこれを確定申告のときに添付して医療費控除を受けることをお忘れなく。

従って、助成金と医療費控除の2つの特典が受けられるわけです。

以上は私が直に税務署に問い合わせた結果の返答でした。

申請者によって必要な書類が異なりますので、 詳しくは住所地の保健所にお問い合わせください。

ご不明な点がありましたら14:00~16:00までに小倉までお願いします。

助成金についての資料はこちら